犬の避妊手術

犬の避妊手術

避妊をすることによってどのようなメリットが有るのでしょうか。オスが去勢すれば一部の病気にかかりづらくなるのと同様に、メスも避妊すれば一部の病気にかかりにくくなるとされています。例えば、乳腺腫瘍の危険性は避妊をすることによって大幅に減らすことができます。乳腺腫瘍とはその名の通り乳腺に出来る腫瘍で、良性のものと悪性のものがあります。悪性のものはいわゆる癌です。

また、避妊手術を受けることによって、他のメスに対する攻撃性が低下することがあります。攻撃性が低下すればその分だけストレスが軽減され、食欲不振などの健康上の不安も解消されることになります。

一方、デメリットしては、他の病気になるリスクの向上が挙げられます。特にリスクが増大するのは尿失禁です。また、肥満傾向にある犬の場合、陰部が縮小することによって皮膚炎になる恐れがあります。

避妊のタイミングは去勢と同じく、なるべく早いほうが良いとされています。メスの発情期は中型犬の場合で生後6~8ヶ月程度であり、大型犬はもう少し遅く、小型犬はもう少し早くなります。大型犬は概ね年1回~1.5回程度、小型犬は年2回程度のペースで発情期を迎えます。最初の発情期が来る前に避妊手術を受けるのがベストとされています。

オスは健康ならばだいたいいつでも去勢ができますが、メスの場合は健康でも避妊を避けたほうがいい時期があります。ヒート(生理)の時期です。生後6ヶ月から8ヶ月程度で最初のヒートを迎え、その後年に1~3回程度のペースでヒートを繰り返します。ヒート期間中は避妊手術を受けるべきではありません。

現在、メス犬が受けられる避妊手術には卵巣だけを摘出する手術(卵巣摘出術)と、卵巣と子宮の両方を摘出する手術(卵巣子宮摘出術)の2種類があります。卵巣摘出術はメス犬に掛かる負担がすくなく、体力的に不安のある犬向けの方法と言えます。効果は卵巣子宮的手術と比べると多少低いですが、ほぼ変わりありません。

卵巣子宮的手術は現在の日本で一般的な避妊手術で、外科の研究者が推奨している方法でもあります。卵巣の他に四球も摘出するので回復面積が大きくなり負担がかかるという欠点はありますが、その分効果も高いです。健康状態に特に問題ない場合は、こちらを選ぶことが多いです。

費用は小型犬の場合2万円程度、大型犬の場合は5万円程度です。手術時間は1時間~2時間程度で、去勢手術よりもちょっと長いくらいです。避妊手術は回復を伴うものなので、通常は1日~2日程度の入院が必要になります。

避妊手術後は傷口を舐めないようにカラーを装着させ、運動は避けましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です